コールドウォレット(コールド・ストレージ)

コールド・ウォレットとは、インターネットと完全に切り離されたウォレット(オフライン環境であってもスマートフォンやPCに秘密鍵を置いたものをコールドウォレットと呼ぶことはありません。)のことを指します。コールドウォレットを利用することで、ユーザーはバックドアなどの不正アクセスによって仮想通貨が盗まれることがなくなります。コールドウォレットの種類としては、秘密鍵を紙に書き記した「ペーパーウォレット」、金属やコインなどの物理ウォレット、安全な専用デバイスなどで秘密鍵を管理する「ハードウェアウォレット」があります。コールドウォレットは、インターネットに対して極めて安全な一方で、物理的に秘密鍵を保管しておく必要があることから、現実の窃盗や紛失に弱い面もあることは認識しておく必要があります。また、送金や支払いを実行するために手間がかかり使いにくいという難点があります。ウォレットには種類に応じてメリット・デメリットがあり、安全性と利便性はトレードオフの関係にあり、両立は難しいといわれています。 利用者自身が、ご自身の資産の性格や保管の目的、コインの利用頻度等に鑑みて、最も相応しいウォレットを選択することが大切です。多額のコインをハッキングされることなく安全に保管したい場合等、安全性を優先するならばコールドウォレットでの保管が適しており、少額のコインを日常的に出し入れする「財布」のように使いたい場合等、利便性を優先するのならばホットウォレットが適しています。一般的には、用途に応じてコールドとホットを併用して利用することが多いようです。 仮想通貨交換業者は通常、ウォレットのサービスを提供していますが、業者が提供するウォレットを利用する場合には、そのお取引業者がどのようなウォレットを使い、管理しているのかをご自身でチェックすることも大切です。

用語集一覧

A-Z

シェアする