CPFP

手数料が小さくてなかなか承認されないトランザクションを承認させるための手法です。対象のトランザクション(Pとします)のTxOutのひとつは大抵おつり用の自分のアドレスなので、このTxOutをTxInに持つような新たなトランザクション(Cとします)を作成します。このときに手数料を多く支払います。トランザクションCの手数料を魅力に感じた採掘者(マイナー)はCをブロックに含めるためにCの親であるトランザクションPも一緒にブロックに含める必要があります。結果としてCの手数料が十分に大きければPもCも承認されます。

用語集一覧

A-Z

シェアする