マルチシグ(マルチ・シグネチャの略)

BIP11で定義された、N人中のうちM人が電子署名を行うことで、仮想通貨の移転を行えるとするM of N マルチシグネチャのことを言います。詳細はBIP11で説明しています。 アドレスとは違い、マルチシグのアドレスはビットコインを送付するために複数の署名が必要です。必要な署名の数は「2/3」のように分数で表されます。この場合「事前に作られた3つのプライベートキーの内、2つのキーでの署名が必要」という意味になります。

用語集一覧

A-Z

シェアする