プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)

PoS は、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)の代替システムにあたるもので、コインを持っている割合(Stake)、厳密には、コイン保有量と保有期間の掛け算で表されるコイン年齢(coin age)に応じて、ブロックの承認の割合を決めることを基本としています。セキュリティ維持コストの高騰やマイニングの中央集権化、マイナーとビットコイン保有者との間の利害対立が生じやすいというPoWの問題を解決します。 PoSのハッシュ値を求めるメカニズムは、PoWのような総当たり式ではなくcoin ageに応じてハッシュ計算の範囲が狭くなる仕組みとなっているため、PoWに比べて採掘コストを削減することができます。また、PoSではコインステークと呼ばれる報酬がコンピューティング・ハードウェアや電力消費コストと関係なく、すべてのPoSマイナーが彼らの所有コインによって同じ利益率を得ることになります。このような理由からPoWのような集中化に苦しみません。 ☞ プルーフ・オブ・ワーク(PoW)

用語集一覧

A-Z

シェアする