公開鍵

公開鍵とは、公開鍵暗号における第三者に公開する鍵のことで、秘密鍵と対になっています。ビットコインの取引においてはビットコインアドレスが公開鍵(厳密には違う。後述)となっており、そのアドレスから支払をする場合には秘密鍵による署名が必要になります。 ですので「そのアドレスの所有者である=秘密鍵を保持している」と考えてよいでしょう。 厳密にいうとビットコインアドレスは公開鍵そのものではなく、公開鍵からさらにハッシュを2回とり、チェックサムを加えてBase58フォーマットしたものになります。 そのためビットコインアドレスから公開鍵を求めることはできません。公開鍵がわからないと署名の正当性を確認できないので署名時には公開鍵を合わせてトランザクションに書き込むことになります。 つまり一回も支払に使用していないアドレスについては公開鍵さえわかりません。暗号強度的にはすでに十分なので、この仕様の主目的はセキュリティというよりもビットコインアドレスを短く読みやすくすることと考えたほうがいいでしょう。 ビットコインの公開鍵は楕円曲線公開鍵暗号(ECC)により作成します。

用語集一覧

A-Z

シェアする