スケーラビリティ (scalability)

スケーラビリティとは、機器やソフトウェア、システムなどの拡張性、拡張可能性のことを指します。システムの利用や負荷の増大、用途の拡大などに応じて、どれだけ柔軟に性能や機能を向上、拡張できるかを表したものです。ビットコインは現在ブロックサイズの制限により、処理できる取引の量が限られており、スケーラビリティの問題を抱えています。仮にビットコイン価格が急騰し、取引量が急増した場合、処理すべきデータ量の増大に処理能力が追い付かず、取引の遅延が発生する恐れがあります。かといって、単純に「ブロックサイズを上げて対応する」場合、「スケールさせる」という面では極めて妥当であるように思えますが、一方で、個人単位での参入が困難になり、その結果、大規模中央管理システムへの依存が強まり、中央集権化を招きやすくなります。健全に分散化したネットワークの維持を求めるのであれば「ブロックサイズの拡張」を安易に主張するのは危険だということもできます。

用語集一覧

A-Z

シェアする