SHA-256(“シャ・ニゴロ”)

SHA-256(Secure Hash Algorithm 256-bit)とは、2001年に米国家安全保障局(NSA)が開発し、米国立標準技術研究所(NIST)が採用したハッシュ関数の国家標準の一つで、「ハッシュ値」を求める計算手順(アルゴリズム)の一つです。ハッシュ値の長さは256ビットで、32ビットのワード長から計算されるハッシュ関数で、実装のしやすさや計算速度、暗号学的な安全性のバランスに優れていると言われ、ビットコインで使用されています。SHA-224、SHA-256、SHA-384、SHA-512を総称して「SHA-2」と呼ばれることがあります。 ビットコインで使用されるハッシュ関数は SHA-256 と RIPEMD-160 二種類で、これらのハッシュはGPUで計算するのに向いています。一方、後発のオルトコインでは普通のPCでも計算しやすいScrypt系のハッシュを使用しているものも多いです。増えてきています。

用語集一覧

A-Z

シェアする