ウォレット

仮想通貨の世界におけるウォレットとは、一般的にビットコインなどの仮想通貨をインターネットを介して受け取り、送ることができる電子ウォレットクライアントのことを言います。ウォレットには、仮想通貨自体が入っているわけではなく、利用者は、仮想通貨を保管・送金するための秘密鍵をウォレットにもつことになります。いわば仮想通貨の秘密鍵・公開鍵ペアーの入った「キーホルダー」、仮想通貨の「お財布」のようなものです。 「利用者」の視点でウォレットの種類を分類すると、「クライアントウォレット」と「ウェブウォレット」の2つに大別できます。両者の違いは、クライアントウォレット秘密鍵の管理を自分自身で行う自己責任完結型のウォレットであるのに対して、ウェブウォレットでは秘密鍵の管理を事業者が代わりに行うことになります。 一方、「事業者」の視点でウォレットの種類を分類すると、サーバーから送金操作ができる「ホットウォレット」と、秘密鍵が分離して管理され送金操作ができない「コールドウォレット」の2つに大別できます。ホットウォレットは主に取引所などの事業会社で採用されている方法であり、リモートから送金をしたり、小額の送金を高頻度で行いたい場合に用いられます。コールドウォレットはその反対で、インターネットから完全に切り離された場所で秘密鍵を管理することで、不正アクセスによる仮想通貨の操作を防ぐ目的で用いられます。

用語集一覧

A-Z

シェアする