イーサリアム(ETH/BTC)とモナーコイン
(MONA/JPY、MONA/BTC)ペア追加のお知らせ

2017/08/03

お知らせ

いつもBitTradeをご利用頂きありがとうございます。

本日午前12時より、仮想通貨取引所「BitTrade」において、イーサリアム(ETH/BTC)とモナーコイン(MONA/JPY、MONA/BTC)が追加されます。

尚、手数料や取引概要につきましては下記よりご確認をお願い致します。
※ETH、MONAの情報については、お取り扱い開始時間に更新させていただきます

手数料についてはこちら

仮想通貨取引概要はこちら



BTC、XRP、LTCに加えて、上記3通貨ペアのお取引や入出金も可能になりますことをお知らせいたします。

今後とも、「BitTrade」をよろしくお願い致します。

イーサリアムについて

イーサリアム(Ethereum、通貨単位:ETH、Ether)は、ブロックチェーン上でチューリング完全なプログラムを動かすことで「スマートコントラクト」による、世界初の分散型コンピューティング・ネットワークの構築に挑戦するプロジェクトです。スマートコントラクトを用いることで、製造から卸売、物流、小売など異なる産業が同一のオープンなインフラ基盤を用いてシステム・オートメーションを行うことができると考えられています。

8月3日時点において、イーサリアムの時価総額は2兆円であり、ビットコインの2分の1の規模に成長した仮想通貨ネットワークとなります。また、現在価格は24,000円前後で、現在の発行数は93,742,327 ETHとなります。

モナーコインについて

モナーコイン(MONA)は、2ちゃんねるで有名なアスキーアート「モナー」をモチーフにして2013年12月に誕生した日本初の仮想通貨(暗号通貨)であり、ゲーム内通貨のようなものとしてコミュニティを中心に利用されてきました。他の仮想通貨と異なりモナーコインの主な利用者は日本人で、日本のカルチャーに根ざしたコミックマーケットや、動画配信と組み合わせたリアルタイム投げ銭などに用いられています。

2017年04月16日には、ライトコインに先んじてSegregated Witnessが有効化され、ビットコイン上で研究開発が進められたLightning Networkのようなセカンドレイヤー技術の実用化に向けた取り組みも一部行われています。

タグ:
#イーサリアム(ETH)
#モナコイン(MONA)
#取扱コイン
#新サービス

Bitcoin...

ビットコインキ...

お知らせ一覧